音楽

2007年2月11日 (日)

JAZZ LIVE

思いがけず赤レンガ倉庫のモーションブルーの招待券を頂き、
カイル・イーストウッドのジャズライブに行ってきました!

うぅー めちゃくちゃかっこよかった・・・(>_<;)

お恥ずかしながらよく知らなかったんだけれど、 カイル・イーストウッドはクリント・イーストウッドの息子。Photo_2
「マディソン郡の橋」でもバンドのベーシスト役で出演を果たしていたらしい・・・
去年公開された(まだやってるけど)「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」
のサントラにも全面的に関わったとのこと。(そういえば監督はお父さんだ)

ここの食事も美味しかったし大満足でした★
チャージ無料のもあるみたいだからまた行ってみたいなぁ~

青山のブルーノートもいつか行ってみたいけれど、こっちの方が
近いし入りやすい感じがする・・・


**********

今日は昼間は父の入ってる区民オケの定演がみなとみらいホールであり、(しかも曲がベートーベンの第九・・・長かった・・・)音楽三昧ないちにち。

しかし後半のジャズライブの余韻の方が濃かった・・・(父、スマンm(__)m)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

ブギーな一枚

アマゾンでポチッと買ってしまったCDもう一枚編。B000ij7kco01_aa192_sclzzzzzzz_v40847029__2
兄弟の連弾ユニット、レ・フレールの「ピアノ・ブレイカー」です。
だいぶ前にテレビで見て気になっていたユニットで、オリジナル曲のアルバムが出たということで買ってみました。
相変わらずミーハーだなぁ・・・(^^;)

とってもナイスな一枚でした。
男二人の連弾、それもジャズはすごく迫力があります。
元気がでてくる気がしました。
「ピアノ・プレイカー」ってアルバム名も秀逸な気がする(笑)

ジャズピアノは難しいんでやったことないんだけど・・・
むしょーにピアノ弾きたくなりました。
実家に連弾しに行こうかな。
レ・フレールはフランス語で兄弟の意味だそうで。
母とユニットを組んだら
「mère et fille (メール・エ・フィーユ)」=「母と娘」
なんてどうでしょう(笑)

↑これを調べる為に辞書検索したらフランス語で「親子」って単語はないと知りました。
・・・って英語もないか。でもちょっと勉強になった。

ピアノ・ブレイカー(初回限定盤)(DVD付)

********

以下は日記。

続きを読む "ブギーな一枚"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

りんごの子守唄と鯛焼き

B000b56os601_aa240_sclzzzzzzz_v40864011__2 B000j10bmw01_aa192_sclzzzzzzz_v35851451__3                                                            お買い物ネタが続きます。

先月右の青盤が出た「りんごの子守唄」、前から気になっていた赤盤と合わせてアマゾンでポチっと買ってしまいました・・・(これでも1日くらい悩んだ(^^;)

様々なアーティストがビートルズのララバイをカバーしているCD。
100%ORANGEのイラストだったのでジャケ買いもいいとこだったんですが、すごくいい!!
カバーでも全く違う雰囲気の曲に仕上がっていて新鮮に聴けます。
なんだか心地よい眠りが訪れそうな予感。

青盤の方にはビデオクリップもついていてこれまた癒される映像・・・(´ー`)
今日みたいなどんより天気の時にもオススメな一枚です。

Apple Of Her Eye りんごの子守唄
Apple of his eye りんごの子守唄(青盤)

実はもう一枚一緒に別なCDを買ってしまったんですがまたの機会にご紹介(^^;)
いやはや、アマゾンはホントに危険地帯です・・・財布の紐が緩みっぱなし。

*******

続きを読む "りんごの子守唄と鯛焼き"

| | コメント (5) | トラックバック (0)